手術中に痛みを感じることはほぼ無い

レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックでは目の角膜の部分を手術で治療していくことになりますので、やはり痛みというのは気にしてしまうものです。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そんな時には、失敗して痛みが出てしまうという可能性はあります。

 

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
なのでレーシックで痛みが生じることはほとんど無いと言えるでしょう。

藤丸敏の紹介
藤丸敏の専門です
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/profile/ya40007007.htm



手術中に痛みを感じることはほぼ無いブログ:2018-09-20

昨年末に、孫が生まれました。
かわいい!!とにかくかわいい!!

昔からよく、
子どもよりも孫の方がかわいいとは聞いていましたが、
これほどかわいいと感じるとは思いませんでした。

しかし、
自分が子どもを産んだ時も、当然かわいいと感じていたのです。
そりゃもうかわいくて、自分が命をかけて産んだ子どもですから、
かわいくないわけがない。
ではどうして、孫の方がかわいいと感じるのか?

自分が子どもを産んだ時は、命をかけて産んでます。
ものすごいリスクを負って、
出産という一代イベントに望んでいるわけです。

10ヶ月間、様々な制約も受けました。
どうやって産み育てるのか?と、不安も乗り越えました。

言うなれば、大きな山を、
数々の困難を乗り越えながら
やっと頂上に辿り着いたようなものです。

さて、孫の場合ですが、
俺はたいしたリスクは負っておりません。

めちゃくちゃ当たり前ですが、
俺が妊娠しているわけではないので、行動になんの制約も受けません。
そしてむすめが出産するわけですから、
俺の体にはなんのリスクもありません。

にも関わらず、
リスクを負った子どもの出産よりも、
なぜ孫がかわいいと感じるのか?

一般的には、
「責任がないから孫はかわいい」とよく言われます。

確かに、子どもは産んでからが大変です。
「この子を幸せにしなきゃ」と思います。

子どもを幸せにするのに、
親としての責任が出てくるわけで、
それがプレッシャーにもなると言われるわけです。

ところが孫ですと、育てるのは親ですから、
おばあちゃんは責任を感じる必要がなく、その分プレッシャーもないので、
単純にかわいいと感じる事ができるんですね。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

レーシック後の効果が安定する期間 レーシックの後遺症は一時的 レーシックで遠視の矯正も可能 片目だけのレーシック手術も出来る