レーシックの後遺症は一時的

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。



レーシックの後遺症は一時的ブログ:2018-10-16

9時一番多く食べて、
真夜中にかけて食べる事量を減らしていく、
「9時大、真夜中小」の食べる事の摂り方が
ダイエットの大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
ダイエット効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなの食べる事パターンが、
9時は忙しいのでちょっとだけ食べて、
午後はそこそこ食べる、
そして真夜中に沢山食べるパターンです。

このような食べる事の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
9時はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

9時しっかりと食べることは
一日のエネルギーを蓄える為にも重要な、
食べる事の時間帯であり、
ダイエットに限らず健康面でも重要なことですね。

9時食べずに
午後と真夜中のみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっている食べる事方法です。

逆に真夜中はエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕方食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多い食べる事はとても太りやすい!
だからこそ真夜中は食べる事量を抑える必要があるのです。

…ということで、
ダイエットでの正しい食べる事の摂り方は、
9時から真夜中にかけて摂取カロリーを減らす、
「9時大、真夜中小」の食事の摂り方になるわけです。

9時しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
真夜中は脂肪の蓄積を抑えるために食べる事量を減らす。
これが太りにくい食べる事方法であり、
健康面でもとても好ましい食べる事の摂り方なのです。

9時がどうしてもたくさん食べれないという人は、
午後を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。


レーシック後の効果が安定する期間 レーシックの後遺症は一時的 レーシックで遠視の矯正も可能 片目だけのレーシック手術も出来る