レーシックの後遺症は一時的

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。



レーシックの後遺症は一時的ブログ:2018-12-14

なんか、今日は気分が悪いです

プロテインシェイプアップというのは、
体操しながら不足しがちな栄養素を、
プロテインサプリメントで補いながら、
筋肉もつけ、基礎代謝をあげて痩せていくという
シェイプアップ法です。

基礎代謝とは、
人間が生活していく上で、
肉体にとって最低限必要なエネルギーのことをいいます。

日々の生活習慣を変えずに、カロリー消費量をアップするためには、
プロテインシェイプアップなどで、
基礎代謝を上げることが、最も効果的だと思われます。

プロテインとは、たんぱく質のことで、
たんぱく質は20種類のアミノ酸からなっています。

プロテインシェイプアップは、
このたんぱく質とアミノ酸を上手に肉体の中に取り込むことで、
痩せることや健康になる方法なのです。

プロテインは、
たんぱく質の含まれる量によって2種類に分けられます。

一つは、スポーツ選手などで筋肉量を増やしたい人向けに開発された、
たんぱく質含有量が80〜90%と高配合のプロテインです。

もう一つは、たんぱく質の含まれる量が、
それほど高くないタイプのプロテインです。
たんぱく質量を抑える代わりに、カルシウム、ビタミンや鉄分など
いろいろな栄養素を、バランスよく配合しています。

健康維持やシェイプアップ目的などで利用する場合は、
後者のタイプになります。

プロテインシェイプアップでは、
プロテインの摂取量が大切になります。
プロテインの必要量は、
ご飯内容、体操強度、体重などによっても変わってきます。

自分でプロテインの量を調節するのは難しいので、
市販されているものを利用すると便利だと思います。

プロテインを上手に活用して、
シェイプアップを成功させましょう!

おしまい!!!

レーシック後の効果が安定する期間 レーシックの後遺症は一時的 レーシックで遠視の矯正も可能 片目だけのレーシック手術も出来る