豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ



豊富な知識と経験のある医師を選ぶブログ:2018-08-22


あたしたちのあたしって、
血液中のブドウ糖の濃度が低い時(血糖値が下がった時)に
「ウエストがすいたなぁ~」と感じ、
食べ物を食べて血糖値が上がると、
「ウエストがいっぱいになった」と感じるように
できているんですよね。

だから、
ウエストがすいているのに我慢していると、
血糖値が下がり過ぎちゃうので、
ごはんを食べる時、ついつい食べ過ぎてしまうんです!

そこであたしは、
ごはんの前にウエストがすいてしまったら、
あめを一つ舐めるようにしています。

あめは比較的カロリーは少なめなのに、
早めに分解されて血中に取り込まれるので、
血糖値も安定して、
ウエストがすき過ぎるということを回避できるんですよね。
結果、食べ過ぎも防ぐことが出来るのです。

減量中は、
甘いものなどのスナック菓子類は厳禁と思われがちですが、
これらもうまく利用すれば、
逆に減量に役立つというわけですね。

また
我慢だけの減量で、
ストレスが溜まりがちになるのも避けることが出来るんです。

ストレスが溜まり過ぎると、
満腹感を得ることが出来にくくなり、
ごはんの食べ過ぎにつながったりします…

無理に我慢せず、おいしいものを食べると満腹中枢を刺激して、
食べ過ぎを防ぐことも出来るのです。

おいしいものを食べたり、好きなものを食べたら、
次のごはんは少し意識的にカロリーコントロールする…
と言ったふうに、
ただ闇雲に我慢するだけでなく、
トータルで帳尻を合わせれば、それでいいのです。

とりあえず、
あめは減量の強い味方ですよ!

みなさまも、是非お試しくださいね!
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

★メニュー

レーシック後の効果が安定する期間
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで遠視の矯正も可能
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
感染症にかかってしまわない為の配慮
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来はレーシックを選択