感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2017-08-01


皆様はストレスをため込みやすい性格ですか?
ストレスをため込みやすいなら、
減量がなかなか上手くいかないのでは?

減量とストレスって、大きく関係してるんですよね!

脳がストレスを感じると…
いくつかストレスの解消法はありますが、
その中でも食べることによって、
このストレスを解消してやろうという風に
脳が判断をすることがあるそうなんです。

「ヤケ食い」などという言葉があるように…
何か心にもやもやしたものがあると、
意外な量を食べてしまうことはありませんか?
また知らず知らずのうちに
食べ物を口に運んだことはありませんか?

このような食への行動というのは、
実は裏にストレスが隠されている可能性があるんです。

ということは、
まずストレスを解消することこそが
減量の前提条件となるわけです。

ストレスを解消する方法は、何でもいいんです。
食べること以外なら…

わたくしは「歩く」ことで、ストレスを解消しています。

人は体を動かすことによって、
精神的にリラックスした状態になります。

イライラしていても、体を動かすことによって、
少し気分が落ち着いてくるという経験をしたことはありませんか?

運動がキライとか、運動音痴という人でも
歩くことぐらいは誰にでもできるはずです。
しかも運動ですから、ストレス解消とともに
減量自体の効果も期待することができます。

運動をする時のポイントは、「義務」という風に感じないことです。
「気晴らし」という感じで、取りかかってみましょう。
運動自体がストレスになってしまっては、本末転倒ですからね!

今日は、ここまで。
感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮

★メニュー

レーシック後の効果が安定する期間
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで遠視の矯正も可能
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
感染症にかかってしまわない為の配慮
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来はレーシックを選択