レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2018-11-14

減量をしている皆さんは、
「汁もの」を毎日食べて(飲んで)いますか?

「汁もの」とはスープ・味噌汁の類なんですが…
この 「汁もの」って、
減量には強い味方なんですよ!

「手軽に野菜・海藻類がたくさん摂れる」
「ウエストが膨れやすい」
「食べると気持ちが休まる」
「温かいため内臓が活発に動き、基礎代謝が高まる」
…などなど、
減量には必須と言ってもいいくらい、
大きな効果があります。

だから、
わたしは、午前中午後夜と1日三回の食事の際、
必ず「汁もの」を食べるようにしています。
塩分さえ気を付ければ1食で、
2杯食べても良いくらいだと思います。

むしろライスやパンなどの主食の食べ過ぎを防ぐために、
スープなどを積極的に食べれば、栄養バランスも整いますし、
総合的なカロリー量を減らせますよ!

ライスなどは
スープやみそ汁を飲みながら食べるようにすれば、
ウエストの中で膨れるので、満腹感も出やすいし、
食事のスピードもゆっくりになるので、
食べ過ぎることもなく、早くウエストが満足します。

味も具もいろいろなバリエーションがあるし、
作るのもカンタン!

料理が苦手だったり、
午前中なんて時間が無いという人は、
インスタントでもいいと思います。

辛めの味付けにすれば、
体温も上がり、エネルギー消費がより活発になります。

「脂肪燃焼スープ」というのもあります。
わたしは作ったこと無いのですが、
父の話によると、結構効果があるそうです。

スープ・味噌汁などの「汁もの」を積極的に取り入れれば、
「美味しくて楽しい!」減量につながりますよ!


レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

レーシック後の効果が安定する期間
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで遠視の矯正も可能
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
感染症にかかってしまわない為の配慮
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)未来はレーシックを選択