レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2018-07-03

お風呂で行なう減量には、
定番の半身浴やマッサージなどいろいろありますよね。

お風呂は日々入るものですから、
手軽に無理なく続けられるだろう…と
実践している方も多いのではないでしょうか。

でも、
お風呂で行なう減量で、
少し勘違いをしている方はいませんか?

それは、
お風呂減量をしても
すぐに体重が落ちるなど、
目に見えた減量効果は現れにくいということです。

続けていれば
体重が減っていくだろうと思いがちなのですが、
なかなか体重が減らないので
結局途中であきらめて失敗してしまう方が多いようです。

お風呂減量の一番の効果は、
血行を良くして新陳代謝を高めてくれるということなんです。

これは、
その後に続ける減量の効果をあげるために
体の準備をしてくれているわけです。

なので、
お風呂減量と他の減量を
併用することが望ましいということになります。

またその他の効果としては、
食事の前にお風呂に入ることで
胃液の分泌を多少抑えてくれますので、
食欲を抑制し、空腹感を和らげてくれます。

ただし、
ものすごく腹が空いている状態で入浴すると
貧血を起こす可能性があるので、気をつけてください。
ですから、入浴前には
必ずコップ1杯のお水を飲むようにしましょう。

お風呂減量は
他の減量方法と組み合わせることで
減量効果が現れるので、勘違いせずに続けてみてください。

お風呂減量だけでは、
なかなか体重は落とせないということです。



レーシック後の効果が安定する期間 レーシックの後遺症は一時的 レーシックで遠視の矯正も可能 片目だけのレーシック手術も出来る